江戸川区で人気物件を探す

賃貸物件に契約するには家賃の他にも初期費用としてある程度まとまったお金が必要になります。

よく知られているのが大家さんに支払う敷金や礼金、物件を紹介してくれた不動産会社への仲介手数料、翌月の分の家賃の前払いなどです。

さらに、賃貸物件に契約する時にはたいていの場合火災保険への加入が義務付けられます。

賃貸物件は大家さんの持ち物ですから、壊したり汚してしまった場合は現状回復の義務と言って元通りにして返さなくてはなりません。

この現状回復の義務は火災の時も同じで、万が一火災の時には自分で大家さんに対して補償をしなくてはならなくなります。

火災の補償を自力で負担するのは現実には無理なので、これを補てんするための保険に契約します。

賃貸物件の建物自体は大家さんの物ですが、原状回復の義務を果たすために借家人賠償特約のついた保険に契約することになります。

また火災の補償のために保険に契約すると、自分の部屋からの水漏れなどで階下に与えてしまった損害が補償されることもあります。